レプロナイザー使用前。ダメージがひどく、毛先のうねりとパサパサ感がすごい
梅雨の時期はとくに気になりますが、髪の毛が傷んでいるとオールシーズン気になるのが髪の毛のうねり。

どうして髪の毛にうねりが出てしまうのか、くせ毛の原因と解決方法を調べてみました。

くせ毛やうねりの原因は?

もともとくせ毛の人(先天性のくせ毛)、本当は直毛なのに傷んでうねってしまっている人(後天的なくせ毛)と2つに分かれるそうです。

日本人は9割が直毛のため、先天性のくせ毛の人は少ないと言われています。
成長するにつれて、髪の毛がくせ毛になっていきたという人は「後天性のうねり」ということですね。

後天性のうねりの原因は?

髪の毛がうねってしまう原因は「毛穴がゆがんでしまった」「髪の毛の水分がなくなり乾燥している」ということが原因としてあげられます。

頭皮の毛穴がゆがんでいる


髪の毛の根元の毛穴の部分の毛包はがまっすぐな状態であると、直毛の髪の毛が生えてきますが、毛穴の形が曲がっていたりすると、生えてくる髪の毛もゆがでうねりのある髪になります。

頭皮毛穴のゆがみの原因

  • 髪の毛を強く引っ張った
  • シャンプーやブラシで刺激を与えすぎ
  • ストレスなどによるホルモンバランスや自律神経の乱れ
  • 栄養が行き渡っていない

学生のころ、部活で怒られると髪の毛を引っ張られることがありました(^^;
その頃はショートカットでもくせ毛ではなかったので、運良く毛穴はゆがまずに過ごせたみたいですね(笑)

髪の毛の水分がなくなり乾燥している


髪の毛のキューティクルがはがれてしまうと、髪の毛に必要な水分量を保てなくなってしまいます。
キューティクルが剥がれると、髪の毛の内部に水分を吸収してしまうため、膨張して膨らみ、うねりやクセ毛、広がりの原因になります。

キューティクルが剥がれる原因

  • 乾燥
  • 紫外線
  • ドライヤーやヘアアイロンによる熱
  • カラーやパーマなどの薬剤
  • タオルドライやブラッシングの摩擦

わたしの場合は、完全にヘアアイロンの熱と、ヘアカラーが原因だったと思います。
カラーをするなら髪の毛は傷んでしまっても仕方ないとさえ思っていました(^^;

頭皮のケアも、キューティクルのケアもレプロナイザーでできる!

レプロナイザー3Dプラスを購入して半年たちました。本音の口コミをします!
頭皮のケアも、キューティクルのケアもレプロナイザーで解決することができます。

レプロナイザーは、髪の毛の水分構造を固くして潤いをとじこめてくれるので、ドライヤーを当てても乾燥するどころか潤いが増していきます。

また、髪の毛だけでなく頭皮も乾燥させずに乾かすことができるので、髪にも頭皮にも負担なく毎日のドライヤーができますね(^^)

頭皮と髪の毛のダメージケアが毎日でき、傷みが改善されてくるとくせ毛やうねりが扱いやすくなってくるなど嬉しい変化が見られてきます。

毛先の広がりがまとまりやすくなった

レプロナイザー半年使用のビフォーアフター
わたしも、毛先が乾燥してパサパサでうねりと広がりがひどい髪の毛でしたが、レプロナイザーを使うようになってから髪の毛にツヤがでてまとまりやすくなってきました。

切れ毛などで、ピンピンはねてしまってパサついていた髪の毛が、すっきりまとまるようになっただけでもすごく綺麗に見えるようになったんです(^^)

レプロナイザーの使い方や使用感のレビューはこちらの記事にくわしくまとめているので、よろしければチェックしてみてくださいね♪

⇒【レプロナイザーの口コミ】髪が傷まず綺麗になる?半年使った辛口レビュー!