せっかく良いドライヤーを選ぶなら失敗したくない!という気持ちで、レプロナイザー以外の人気ドライヤーも気になって調べていました。
この記事ではパナソニックのドライヤー「ナノケア」の特徴や口コミと、レプロナイザーと比較しての違いをまとめています。

ナノケアの特徴


髪に良いドライヤーといえば「ナノケア」というくらい、認知度の高いドライヤーだと思います。

価格も、ほかの高級ドライヤーと比較するとまだ安いほうかなという感じですね。

マイナスイオンの1000倍以上水分を含む微粒子で髪の毛にうるおい

マイナスイオンより1000倍も水分を含んでいる「ナノイー」とミネラルマイナスイオンが髪の毛に浸透して、髪の毛の潤いをアップ。

マイナスイオンは髪に付着してサラサラな指通りを作りますが、ナノイーは髪の毛に浸透してしっとり潤いを作ります。

キューティクルに密着させて髪が引き締まり、まとまりやすく指通りの良い仕上がりになるそうです。

毛先集中モードでパサついた毛先をケアできる

温風と冷風を交互に発生させる毛先集中ケアモードがついてます。
毛先ケアに特化した風量と温風冷風の切り替え周期を自動でやってくれるので、それを毛先に当てるだけでいいんですね(^^)

風量は弱めで、毛先に風が当てやすくまとまり感をアップさせてくれるそうです。

毛先集中モードのほかにも、

  • 温冷リズムモード
  • インテリジェント温風モード
  • スカルプモード
  • スキンモード

など、全部で5種類のモードを使い分けることができます。

ナノケアの口コミは?


風量や使用感は?実際の仕上がりはどうなの?と気になったので、使用者のリアルな口コミをアットコスメで調べてみました。

良い口コミ

私の髪は、波状毛のくせ毛、酷いパサつきで美容院でトリートメントをしても一週間後には直ぐに戻ってしまう髪でした。
広がったり跳ねたりしやすく、ブローもアイロンも自分ですると上手くいかない。
このドライヤーを使うと髪がツルツルになり触り心地がよくなりました。
広がりやパサつきも前ほどは気にならないです。
何より早く乾くのでとても助かります。
これを使うと普通のドライヤーでは物足りなく感じるようになり、毎日のお風呂が楽しみになりました。
(26歳女性)

この商品で10分以上髪を乾かしても髪をパサパサにすることなく、ツヤツヤな仕上がりで乾きます。
スキンモードも搭載されており、スキンケアで少しベタついたり、早く乳液などを乾かしたいときにも使っているので、毎日大活躍しています。
もう手放せません。
(32歳女性)

地肌につかえるスカルプモードが搭載されており、すごくいいです。
元々かなり毛質が悪くなってきているので、これ一台でヘアケア要らず♪とは言えませんが、雨の日でもまとまりやすくなりました。
(28歳女性)

悪い口コミ

私の髪はかたくて太くて、量も多く乾燥しています。
そんな私にはまったく合わない商品です!
さんざん迷って買って、決して安くないのに本当にがっかりです。
(45歳女性)

全く期待はずれでした
口コミの評判が良いドライヤーなのに買ってがっかりしました
評価が高い口コミを信じたのですが
間違いでした
実際に使えばわかるので使ってみてほしいです
少なくても定価の価値はないです
そこらへんのドライヤーと変わりません
(37歳女性)

お母さんが買ってきたドライヤー。高かったって言ってて凄くいいって言ってたけど、正直前のと違いわかんない!笑 ちょっと風強くなったかな。笑
(19歳女性)

悪い口コミには、使用感的に対して不満を持つ声は少なかったですが、期待するほど効果を実感できないという意見が見受けられました。

レプロナイザーとナノケアの違いは?

レプロナイザー3D Plus

ナノケア
価格 38000円(税抜) 20800円(税抜)
電源 AC100V 50/60Hz AC100V 50-60Hz
消費電力 1,200w+5%,-10%(AC100V) 1200W
温風温度 約110度 ホット時:125℃
スカルプモード時:60℃
電源コード長さ 2.6m 1.7m
サイズ 233.5×93.6×228.9(mm) 275×148×148(mm)
重量 722g 575g
メーカー保証 申請延長で1年6ヶ月 1年(定額で最大5年の延長保障サービスあり)
海外 ×不可 ×不可

ナノケアはこんなドライヤー

  • 大手家電メーカーで安心
  • 家庭用なので折りたたみ可能
  • 軽量で使いやすい
  • 価格が手頃

レプロナイザーはこんなドライヤー

  • サロン用でも使えるので重たくて折りたたみ不可
  • 価格が高い
  • 柔らかい風で潤いを保ちながら乾かす
  • 使い続けることで髪質改善も

まとめ

ナノケアがほかの高級ドライヤーと一番違うところは、自宅で使われることを想定したサイズ感、使いやすさ、コンパクト感ですね。

レプロナイザーやホリスティックキュアなどは、サロンでも使われる業務用的な位置付けもあるので、コードも長くしっかりしていて、本体の折りたたみもできません。

持ち運びやすさや、一般家庭用の物を手軽に使いたいという方、価格を優先する方はナノケアを選ぶのもいいかもしれませんね。

わたしは少し高くても、より髪の毛への効果や髪質改善を優先したかったのでレプロナイザーを選ぶことにしました。

レプロナイザーの価格が気になる方は、わたしが購入したときはまだ発売されていませんでしたが、25000円と価格を抑えたモデルの「レプロナイザー2D Plus」も発売されているので、チェックしてみるのも良いかと思います(^^)
⇒レプロナイザー2D Plusについてまとめている記事はこちら

ドライヤーは一度買ったらなかなか買い換えるものではないので、ご自分の優先するべきポイントや生活状況などをよく考えて選ぶのがオススメです(^^)