レプロナイザーの「使えば使うほど髪がキレイになる」という説明をみていると、少しうさんくさく感じてしまったりするのはわたしだけでしょうか(^^;

あと、生産国が「韓国」というところも少し気になったので…

販売している会社がもし怪しかったら・・・と思って、レプロナイザーのメーカー、リュミエリーナについて少し調べてみました。

リュミエリーナについて

リュミエリーナの公式サイトを見てみると、日本の企業であることがわかりました。
とりあえず一安心。

韓国とアメリカにもグループ会社を持っているそうですよ。
おそらくレプロナイザーの組み立てなどは韓国の会社でやっているので「韓国製」という表記になっているのかもしれませんね。

美容機器の他にも医療や農業などの事業

レプロナイザーやヘアビューロンといったバイオプログラミングシリーズの美容機器の販売だけでなく、医療や農業関連の事業も行なっているそうです。

レプロナイザーだけで儲けている会社だったら、なんとなく怪しさMAXでしたが・・・(笑)

独自技術を別の事業でも使っているということで少し良い印象を受けました^^

独自技術「バイオプログラミング」とは

レプロナイザーやヘアビューロンにも使われているバイオプログラミングというリュミエリーナの独自技術。

これは、物理学を応用している技術なんだそうです。

公式サイトでは

特定の振動と波長の組み合わせで物質が「エネルギーと情報の“場”」をもつようにプログラミングする、最先端の独自技術です。

・・・とあまりよくわからない説明をしていますが(^^;

美容師をやっている友達に聞いたところ「簡単にいうと、頭皮にある細胞に直接働きかけて活性化させる感じだよ」とのこと。

う〜ん。。これでもちょっと難しいですが、つまり、「髪をキレイにしている」というよりかは「頭皮の細胞を活性化して髪の毛に栄養を送りやすい状態にしている」って感じらしいです。

たしかに、髪の毛って死滅細胞(だから切られても痛くないんですよね)なので、蘇るとかキレイに復活することってなさそうですよね。

でも、レプロナイザーを使うとトリートメントみたいに一時的に保湿しているというよりかは髪がいきいきしてくる感じ。

そういう効果を実感していると、この説明もなんとなく納得できます。

難しい説明を聞くと「嘘っぽい」って感じてしまいがちですが・・・
美容師さんにも大絶賛されているのはたしかだし、わたしも「買ってよかった」とは思えます。

「気になってるけど不安」という方は、一度直営店で試してみるか、取り扱っている美容室で使ってもらうかで実感するのがいいと思います。

高い買い物になるので、ちゃんと納得してから購入できるのがいちばんですね^^